基礎工学PBLについて


大阪大学基礎工学部システム科学科知能システム学コース科目「基礎工学PBL(知能システム学)」は, 独創的な学術研究を推進し,国際社会で活躍できる豊かな創造性をもった学生を養成することを目的として, 従来の学部教授法の慣習にとらわれることなく,新鮮で自由な教育研究の推進を図ることを目指します (PBL:Problem-Based Learning). 近年,我が国の社会体制は急激に成熟化し,若年層における学問への動機が失われつつあります.そのような状況の中で, 我が国が今後とも創造性と活力のある社会を維持し,国際社会において主要な役割を果たしていくためには, 優れた人材の育成や新しい知恵の創造に努めることが不可欠であり,学部教育が果たすべき役割は極めて重要となってきています.学問, 研究は外から強制されて推進する性質のものではありませんし,教授法で修学の枠組みを規制することで進展するものでもありません.自主的・ 自発的な内省と透徹した洞察に基づく内部からの自己研鑽によって初めて到達できるものです.かつ, そのような青雲の志を有する能動的な学生を固定的な修学体系の杜に埋没させるのではなく, 適切なる活躍の場としての21世紀の「適塾」が必要です. このような状況の中で基礎工学部では,専門科目の積極的かつ自律的な学習の動機付けを行うために, 学部学生が自主的に立案し計画を立て,自らの創意工夫で進めることによって正規の単位が得られる科目「基礎工学PBL」を平成12年度より開講しました. 学生諸君に自律的な取り組みを求めるのに対して,教官団も積極的にその実行を支援していきます.



開催情報


テーマ

DIY of MultiTouch Pad

内容

ジェスチャ入力を含むアプリケーションソフトを作成する

場所

佐藤研実験室(D555)

日程

4月26日
顔合わせ、let’s play with Circuits (assembly LED)! PPT
5月10日
藤研内発表見学 (学会報告:SCI’18)
5月17日
MultiTouch Pad作製 PPT
5月24日
MultiTouch Pad作製 PPT
5月31日
佐藤研内発表見学 (Welcome Race!)
6月7日
画像処理ソフトウェア作成 PPT
6月14日
アプリケーション作成に向けたブレインストーミングとグループ分け PPT
6月21日
アプリケーション作成 PPT
6月28日
アプリケーション作成 PPT
7月5日
アプリケーション作成 PPT
7月12日
アプリケーション作成 / 写真・動画レクチャー
7月19日
アプリケーション作成
...
(夏休み:Free time to finishアプリケーション)
9月??日
佐藤研内プレゼンテーション
9月27日
知能システム学コース最終発表会


諸情報

使用機材: ノートPC(Windows),CMUcam5 Pixy,Arduino など
ソフトウェア開発環境: Visual Studio,Arduino IDE など



PBLメンバー



Instructors

Matsukura Haruka
Parinya Punpongsanon

学生

大村 恭歌(オオムラ キョウカ)
古谷 昭頼 (コヤ アキヨリ)
清水 凌吾 (シミズ リョウゴ)
波田 侑大(ハダ ユウタ)
本間 大貴 (ホンマ ダイキ)
牧田 整明 (マキタ ヨシアキ)



課題作品



TBA



写真